直接腸に届く

現在では腸内バランスを整えるために、乳酸菌が大きな役割を果たしていることは広く周知されていることであり、ヨーグルトやサプリメントなど数多くの乳酸菌商品が販売されています。 乳酸菌には色々な種類がありますが、植物性乳酸菌ラブレは生きたまま腸に届くため、便秘解消などに高い効果が期待できます。 植物性乳酸菌ラブレは、飲料タイプやタブレットタイプなどに分かれていますが、乳酸菌を使用した商品は全般的に価格はそれほど高価ではないのが特徴です。 ヨーグルトや乳酸菌飲料に比べるとサプリメントは高く感じられますが、サプリメントの場合は、30日分や60日分などで販売されているため、1日分あたりに計算するとヨーグルト等と大した変わらない金額になります。

乳酸菌は発酵食品にも使われており、漬物や味噌、醤油などにも含まれています。 乳酸菌は数えきれないほどの種類があるため、近年になって発見された乳酸菌もいくつかあります。 植物性乳酸菌ラブレもその一つで、京都のすぐき漬けから発見されたと言われています。すぐき漬けは塩分の非常に強い漬物で、そのような環境下でも生育できる乳酸菌として植物性乳酸菌ラブレは注目されています。 動物性乳酸菌の場合は、胃酸に分解されて死滅してしまうものも多いですが、植物性乳酸菌の場合は、胃酸に分解されることなく腸までたどり着くこともわかっています。 現在では腸内環境の悪化が便秘だけではなく、体に様々な弊害が出てくることがわかっているため、腸内環境を良くすることが健康維持につながると考えられています。

▲TOPへ▲